寿命について NEWS

寿命について

インプラント治療の平均寿命は、およそ10年間。入れ歯は約5年、ブリッジは約7年ですので、非常に寿命が長い治療法といえます。また、残っている健康な歯に負担をかけないメリットも。自然な歯と同じように見えてよく噛むことができるので、食事にストレスを感じることなく自分らしい生活を楽しめます。

インプラント術前

インプラント術後

インプラント治療は、亡くなるまでに数十年以上も同じインプラントを使い続けていた方もいるほど長くもつ治療法。インプラント本体を製造しているメーカーは200社以上存在し、トップメーカーがあつめた自社製品の臨床データによると、9割のインプラントが問題なく10年以上機能しています。治療後も適切なメンテナンスやケアを行えば10年以上に寿命を延ばすことも可能です。

インプラントの寿命を短くさせる原因

インプラントは第2の永久歯と呼ばれ、違和感なく自分の歯のように使えます。少なくとも10年は機能するように設計されており、インプラント自体が錆びたり溶けたりする心配はありません。

しかし、インプラントの寿命を短くしてしまう3つの原因があります。
1つ目は、インプラント歯周病と呼ばれるもの。インプラントを埋め込んだ歯茎が細菌により歯周病になってしまうことです。天然の歯ではないインプラントには歯周病菌に対抗する防御機能がありません。そのため、歯周病の影響を受けやすいのです。
2つ目は、インプラント自体が破損してしまうこと。人間の噛む力は本人の体重と同等の力がかかります。そのため、インプラントがどんなに強固であっても強い負担がかかり割れることがあります。
3つ目は、上に被せた人工の歯が割れたり、折れたりすること。
これらの原因によりインプラントが長持ちしない場合があるので施術後も注意が必要です。

© インプラント治療について All rights reserved.