骨が足りなくてもインプラント NEWS

骨が足りなくてもインプラント

従来のインプラントはアゴの骨に対して垂直に埋め込まれることが当たり前でしたが、傾斜埋入は、斜めに埋め込んだインプラントで義歯を支えることを可能とする治療法です。
埋め込む位置や角度の計算が複雑になるため、高い診断力と技術力が求められる治療法といえます。
事前に歯科用CTで骨の状態を把握し、徹底的なシミュレーション、埋入する技術がないと行えない高度なインプラント技術です。
※なお、アゴの骨が全体的に薄くなっている場合には適用できません。

もしものときに役立つインプラント情報

日付:   カテゴリ:インプラント用語集

© インプラント治療について All rights reserved.