サイナスリフト NEWS

サイナスリフト

サイナスリフトとは、上顎洞底挙上術のことをいい、上顎と上顎洞の間に、インプラントを入れるための骨の厚みが不足している場合に、移植骨や骨補填材によって上顎洞の底部を押し上げインプラント埋入手術に必要な骨の厚みを得る治療方法です。上顎洞側壁骨の相当部の歯肉を切開し、骨窓を開け、骨窓を下から内側に押し上げて上顎洞底部の粘膜を拳上します。次に拳上して出来たスペースに移植材を入れます。移植材を入れた後、外側を粘膜で被い歯肉を縫合して数ヶ月間放置し、造骨を待ちます。サイナスリフトには、上記のように移植骨の生着を待って二次的にフィクスチャー(インプラント体)埋入を行う方法と、骨移植と同時にフィクスチャー(インプラント体)を埋入する方法とがあります。

もしものときに役立つインプラント情報

日付:   カテゴリ:インプラント用語集

© インプラント治療について All rights reserved.